見出し画像

10年以上キャリアを積んだ開発会社を離れ、なぜVALTESへ来たのか?

こんにちは!バルテスのHです。今回からシリーズでお届けするコンテンツをスタート!
どんなメンバーがどんな思いを持ってバルテスにいるのか。もっとリアルなメンバーの姿をお届けして行きたいと思います!

Q.VALTESの前はどんなことをしてたの?

大学卒業、開発会社へエンジニアとして入社。主に業務プロセスの効率化を支援するビジネスプロセスサービスおけるソフトウェア開発・保守・運用を行う会社で、勤務管理システムなどのASPサービス導入支援などのプロジェクトを経験しました。

当時は不具合が都度発生しており、次第に開発プロセスの全社標準化やシステム障害分析といった役割を中心に担当することなり、「品質」に向き合う時間が増えるようになりました。

Q.VALTESに決めた理由を教えて

「品質の分野を突き詰めたい」その一心で入社を決定。

開発をやっていくうちに、[品質」の大切を日々痛感。これからは「品質第一だ!」と思うようになり、「品質の分野でプロになろう!」と決意しました。そんな時に、品質分野を専門に事業展開を行っているバルテスにたまたま出会い、選考を進めていく中で、教育事業の基盤をあり、「ここしかない!」と感じ、入社を決めました。

Q.これからVALTESで何を達成したい?

日本の品質を世界中にアピールしたい。
有言実行するエンジニアになります。
数年前、「年単位のプロジェクトを任せられるエンジニアになりたい」と自分像を描き、時間はかかりましたが、実現しました。
次なる目標は、「日本の品質を世界へアピールすること」が目標です。
そのためには段階が必要で、まずは目の前のお客様へ、次に業界全体へ、さらに日本へ。最終的に世界へアピール、と考えています。部下の育成も大切ですが、まずは自分の背中を見せて、刺激を感じてもらえる存在になりたいと考えています。


(2017年10月20日)
(*情報は全て取材当時のもの)

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

バルテスでは世の中のソフトウェア品質を守るため一緒に働くメンバーを募集中です