見出し画像

【社員紹介】急成長中バルテスで活躍する新卒2年目エンジニアへインタビュー

こんにちは!バルテス広報のKです!
今回は、2021年に新卒で入社し、現在テストエンジニアとして活躍中のKさんのインタビューをお届けします。

Kさんは、今年度のバルテス社内表彰「最優秀新人賞」受賞、新卒入社1年後リーダー役職へ昇格、外部セミナー登壇など様々な成果を上げています。
改めてバルテスの入社動機から、成功するために日ごろ心掛けていることなどを伺いました!ぜひ最後までご覧ください◎

色々なプロダクトに関われる、ITの中でもテストに興味を持ちました。

――どのような就活生時代を送っていましたか?

モノづくりという観点からどれだけ多くのことに関われるか、また、自分の家族や周りの人に誇れる仕事であるか、を軸に探していました。

IT業界を選んだのは、今後も成長していく市場であり、エンジニアのスキルは社会的に必要であると考えていたからです。

――IT業界に決め、その中でもバルテスを選んだ理由は何ですか?

求人イベントに行ったときに、何だか雰囲気が良かったので話を聞いてみました。調べていくうちに色々な「モノづくり」に関われる仕事だと知りました。

当時面接で東京本社へ来ていた際に、通りがかった若い社員さんが「これから面接?頑張ってね!」と言ってくれたのが決め手ですね。
IT系は、オフィスはオシャレだけど、「来客者に構っている暇は無い!」みたいな余裕のない感じの会社も多かったです。ただここの会社は「来客者に挨拶をする心の余裕があるんだ」と思った記憶があります。

テスト業務を通じて”品質向上”をお客様と作り上げていくプロセスが魅力

――現在の仕事内容について教えてください!

Kさんの業務の1日の流れ

――残業はありますか?

案件状況にもよってですが、日中の作業を効率化することで定時で帰ることは可能です。

――効率化とは具体的に何を心掛けているのですか?

単純に何がどこにあるとか見つけやすくするようにしています。フォルダ整理や、誰かに質問をする際も、誰にどういう風に聞いたら最短か、導線を意識します。クリアしていく最低ラインを明確にして、タスクの優先順位をつけるようにしています。

――仕事の魅力や厳しい点はありますか?

テスト業務を通して、品質向上につながる活動をお客様と作り上げていくプロセスは魅力だと感じます。厳しいと感じることは無いです。
自身の既知でない領域へ踏み込んでいかないといけないことは多々あるので、新しいことを楽しめない人には少し辛いものもあるかもしれません。

――バルテスといえば「教育」ですが、バルテスの研修制度についてどうですか?

充実していると思います。
未経験とはいえ、2ヵ月みっちり研修を行う会社は多くないんじゃないかと。他社だと、短い研修期間で配属されて、現場で学びながら業務を行うところもあると聞いています。

――未経験でもスキルアップは可能ですか?

入社時研修の他に、バルゼミという年間を通した講座がありこちらも充実しています。テストや資格に関する講座の他に、PPTデザイン、英語、提案プレゼンなど色々あり、入社時から内容をConfluenceにまとめています。

今は、自分のチームメンバーの受講状況も把握できるよう同じくConfluenceでまとめており、個人目標でバルゼミの受講を掲げているメンバーも多いため、自分の方でも把握しています。
ただどんな教育コンテンツにもいえることですが、学ぶ目的が薄いと効果は十分に得られないです。しっかり目的を明確にして取り組むことで、スキルアップにつながると思います。

日頃から余裕を持ち、日々の積み重ねを続け信頼を得ていくことが大事

――新卒2年目で昇格、セミナー登壇など、チャンスを掴み、成果を出すための秘訣はなんでしょうか?

2点あります!「余裕をもって行動すること」「なんかちょっと面白くすること」を意識することです。

余裕を生むためには、有意義な無駄も必要だと思います。業務の効率化をしつつも、少し遊びを取り入れたり・・気持ちよく働ける環境づくりが大事です。作業の取り組み方や働き方、なんだって面白い方がいいかなと思います。

評価してもらえたのは「積み重ね」が周りより多かったんだと思います。仕事や役割を任せてもらうには「信用」が大事だと思うので、信用を得るために、レスを速くする、困っている人がいたら声をかける、他の人がやりたがらないことを進んでやる、などを意識していました。
提案書作成は積極的に対応していましたし、当たり前ですがお客様にお見せするものなので、伝わるものを丁寧に作るよう心がけていました。

上記の積み重ねのためには、「余裕」が必要です。

――セミナー講師はどうでしたか?

楽しかったです。バルテス人気講師の石原事業部長と登壇させてもらい、とても良い経験になりました。わたしも学生時代から講師のアルバイトなどで人前で話す機会は多くありましたが、やはり石原さんのトークは凄いと改めて思いましたし勉強になりました。

自分たちで組織を作っていく!そう思えるメンバーが増えてほしい

――これからバルテスで何を達成したいですか?

自分自身含め若いメンバーが活発に会社をよくしていこうと考え動ける雰囲気を広げたいです。

良くなっていける環境はあるのに「面倒だから現状維持」はもったいない。組織だからこそ自分たちが作っていくという意識でやれる仲間を増やしていきたいです。

例えば、うちの会社はフルリモートが可能ですが、たまには出社して同僚と顔を合わせて仕事をするなど、そういうことも大事かなと思います。メンバーのフォローもしやすいですし。
リモートワークも効率は良いと思いますし上手く使いたいですね。

――最後に、就活生に向けたメッセージをお願いします!

皆さんのことをきちんと考えてくれる採用担当の人がいる会社を選んだら良いと思います。

人生で仕事に費やす時間は少なくありません。そう考えたときに、バルテスはやりがいもあり、福利厚生も整っていて働きやすい会社だと思います。

あとは・・、敬語よりも日本語をきちんと使えるとそれだけで仕事するのは楽です。
敬語はもちろん必要なことですが、仕事をするうえで伝えるべきことをきちんと相手に伝えることは大事だと思います。
リモートワークでチャットでのやり取りが多い場合、「伝える力」というのは特に重要ですし、仕事しやすい環境作りのために皆がコミュニケーションを意識したら良いと思います!

(2022年12月20日)
(*情報は全て取材当時のもの)

【関連記事】


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

バルテスでは世の中のソフトウェア品質を守るため一緒に働くメンバーを募集中です